• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年12月14日

    「おつかい」という教育

    有名ブロガーちきりんさんのブログでこんなお題がありました。

    もし自分が、
    ・いつもは行かない初めてのスーパーに入ったら、
    ・価格が驚くほど高く、周りの客の服装もいつものスーパーより、かなりハイソな感じだった。そして、
    ・「オーガニック納豆をください」と店員に話しかける “6歳ぐらいの女の子”を目撃した
    としたら、その経験から、ブログの読者にたいして「何を伝えたい」と思うか、ぜひ考えてみてください。

    というわけで私もチャレンジ。

    子供のお使い。
    私はこれ、過去を振り返ってもほとんどやったことないんですよね。
    家庭として必要な食品や日用品は全て親がまとめてスーパーで買って来ていました。

    仮に納豆だけ買い忘れたとしても、親は「ま、いいか。次に行った時に買えば。」という感じで、子供にひとっ走り近所のスーパーに納豆買いに行かせるようなことはありませんでした。

    親は、そういうことは自分の仕事で、子供にやらせるようなことじゃないと考えていた節があります。

    今回目撃した6歳の子は一体どういう状況下で買い物をしていたのか明確ではありませんが、まぁおそらくは親御さんのお使いなんでしょうね。近所に住んでいるんでしょうか。

    さすがに6歳の子が自らの意思でオーガニック納豆を敢えて選択しているという可能性はそんなに高くないと思うので、おつかいだという前提で話を進めますが、子供におつかいさせるという教育方針自体は非常に良いと思うんですよね、私。

    世の中にどんなものが出回っているのか、とか何がだいたいいくらか、とかいう感覚が身につきますし、売っている場所がわからなければ店の人に聞いたりするコミュニケーション能力が身につきます。
    これは、子供同士でわいわい遊んでいるだけでは身に付かない社会性でしょう。

    ただ、「オーガニック納豆」単品だけを買わせるために使い走りに子供を使っているのであればこれは非常にもったいない話で、どうせ買い物に行かせるなら
    ・今日食べたいものを考え、
    ・それを作るために必要な材料を考え、
    ・必要な予算を与え、
    ・上手くやりくりしたらお釣りで他に好きなものを買って良い
    とかいう感じにしてあげたほうがグンと教育効果が高いと思うんですよね。

    上記のどこまでを親がサポートしてあげるかは子供の成長の段階に応じてだとは思いますが、どうせスーパーまで出向くのに同じ時間がかかるのなら、言われた通りに言われたものを買って来る単なるおつかいより一歩先の体験をさせてあげたらいいのになぁと思う次第です。

    ま、もしかしたらそういう体験の一部分を断片的に見てしまっただけだったのかもしれませんけどね。

    自らの思考と意思のもとで「オーガニック納豆」を選定していた6歳児だとすると、家の手伝いなぞろくすっぽせずにひたすらドラゴンクエストを夢中でやっていた6歳の私より遥かに早熟なお子さんであることは間違いなく、驚嘆するほかないです。
    スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年12月13日

    「他人が自分をどう思っているか」の決まり方

    それは、「自分と相手が逆の立場になったときに、自分が相手に対して思うこと」を、いま相手が自分に対して思っていることであると想像して決めている、というのが答えになります。

    わかりにくいと思いますので事例形式で説明させていただきましょう。

    あるところにホームレスがいたとします。
    そのホームレスを見たA君とB君。
    A君は「うわ〜、ああはなりたくないなぁ。」と考えました。
    B君は「うわ〜、自由気ままでいいなぁ。」と考えました。

    そして、仮にその後A君もB君もホームレスになったとしたら?
    A君とB君は、自分を見つめる通行人の視線をそれぞれどのように感じるでしょう。

    同じ感じ方をするでしょうか?

    …そう、ここまで書けば自明ですね。

    A君が通行人の視線に悩み苦しむ一方、B君はうらやましいだろと言わんばかりのドヤ顔…というのは言い過ぎですが、まぁ大して気にもしないことでしょう。

    つまり、どのような境遇の人を見ても、勝手に哀れんだり蔑んだりしないほうが良いということです。
    そういう人のほうが、自分の未来がどう転ぼうとも自尊心を持って逞しく生きていくことができるからです。
    多様性を認め、変化に適応できるからと言ってもいい。

    B君のような心根を持ちたいですね、という話です。
    綺麗ごとではなく、それが結局のところは自分にとってプラスになるから、ということなのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年12月12日

    モテる女性はもらうのではなく与えるという話

    世の中、女性に気に入られるためには男性は色々なものをあげる姿勢を見せねばならないとされていますよね。

    食事をおごる(or多めに払う)のはもちろん、心に響くプレゼントを贈り、胸を打つ言葉をささやき、気持ちをゆさぶる態度で臨めというわけです、世の中の恋愛マニュアルは。

    でも、恋愛マニュアルというのは世の中全体で女性が有利になるように女性が情報操作をするためのツールであるということが往々にしてあります。

    それが男性の頭に刷り込まれているのをいいことに、常に「この人は私に何をしてくれるのかな?」と、どうやって与えてもらえおうかということばかり考えているクレクレちゃん女性が大多数だったりします。

    しかし、モテる女性は違います。

    「自分は相手に何を与えられるのか?」
    「付き合うことでどんなシナジー効果が生まれるのか?」
    を冷静に考え、それを相手の男性に明確に提示できます。

    先にそれらを提示した上で、自分が相手から何を得ることができるのかをその後に考えるのです。

    クレクレちゃんだったかな…という心当たりのある女性のかたは、意識して実行してみてください。
    まわりの女性や若い頃の自分と比べて、いつのまにかモテ方が違っていることに気がつくはずです。

    ではでは。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年12月11日

    モテる女性は振るのがうまいという話

    モテる女性にとって、身近な人間が自分に好意を告白してくるなんてことは日常茶飯事であって、それに対していちいち自分の心や相手との関係性に波風を立てていてはとてもじゃないが身が持ちません。

    つまり、モテる女性というのは振るのがうまい。
    言い換えれば、振るのが下手な女性はモテないわけです。

    自分が好きになった男性に好かれさえすればいいと考えて、自分を好きになった男性をないがしろにしてしまう女性は注意したほうがいいです。

    相手がどれだけしつこくアプローチして来ても、何度でも粘り強く丁寧に断り続けることが大切です。

    振るのが上手い女性は、好意を告白してきた男性の自尊心を損ねることなく、円満に収束させることができます。
    振ったその後も、その男性と友達でいられるタイプです。言い換えれば、交渉力、折衝力が高いわけです。

    振るのが下手な女性は、まず相手の男性に告白させまいと行動してしまいます。
    告白というのは、結果はどうあれきっちり伝えることができさえすればわりとスッキリしてしまうものなのに、気まずくなりたくないから、という理由で全く聴く姿勢を持たず避けてしまう。その後も逃げ回る。

    そうすると、男性の気持ちはどうなります?
    言いたくて言いたくて仕方が無いのに女性が距離を置こうとするからフラストレーションがたまりまくって、余計にその女性を追いかけ回してしまうわけです。
    それを女性が辛辣な態度で切り返すから、関係がぎくしゃくしてしまう。

    そのことが周囲に知れたら、「あの子に手を出して振られたらこっぴどい目にあうらしい」というイメージがつき、周囲の男性はおいそれと手を出せなくなる。

    その結果、アプローチが激減する。
    すなわちモテなくなる。

    女性の皆さんは気をつけましょう。

    ※上記の話は別に「モテる女性」じゃなくて「モテる男性」でも当てはまるじゃないか、というご意見はごもっともかと思いますが、女性→男性への告白は、時代が進んだとは言えまだまだ少数派かと思いますので、多数派と思われるパターンで書いております。
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    プロフィール

    kdr0408

    Author:kdr0408
    いらっしゃいませ。
    当サイトはリンクフリーです。
    コメント、トラックバック大歓迎☆
    ご意見お待ちしています。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    カレンダー
    11 | 2013/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Google Adsense
    ブログランキング

    社会科学 ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
    にほんブログ村
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。