• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年01月01日

    「新年を祝うという習慣」から考えたこと

    2016年が始まりましたね。

    新年明けましておめでとうございます。

    さて。
    「新年を祝う」という習慣、毎年恒例ですので特に疑問に感じることは無いかもしれません。

    が、私は今まで何十回と迎えてきたこの「正月」なるものの意義を改めて考えているところです。
    いや、「正月」に限りません。
    「クリスマス」だったり、最近で言えば「ハロウィン」だったり。

    日時があらかじめ決まっているそれらはもちろん、「オリンピック」だったり「W杯」だったり、「国全体で一体になって楽しもうぜ!」となれるイベントは意識的に維持していかないとどんどん淘汰されていってしまいかねない、いわば危機的状況にあるのが現代なのかなぁ、ということをふと思ったので書いてみたいと思います。

    まぁ別に「現代」に限らず、そういう事情は昔からもあったかもしれませんが、最近は特に、個々の趣味や関心が細分化される傾向が強まり、かつインターネットに自由にアクセスできるパーソナルコンピュータやスマートフォンを1人1台以上保有して、延々「自分だけのバーチャルな世界」に没頭してしまえる環境が整っているので、共同体の意義が希薄化していく可能性は比較的大きくなっていると言えるのではないでしょうか。

    「国」という単位で社会を統制していこうと思えば、ハード面はもちろんですがソフト面、つまり構成員の帰属意識や共有意識というのは冗談抜きに要になってくるわけです。

    年金問題等で、ただでさえ「国」の安心感というか信頼性が揺らぐ事象が続いているところで、「国」に対する国民の愛着というか帰属意識まで薄まってしまっていっては本当に存続・維持を脅かしかねないわけですね。

    人間というのは基本的に共同体を形成してそれを維持・発展させることで世代を渡って命を繋いできたわけですから、本能的にその状況をマズイと思うセンサーがどこかで働いて、どこかで「一体感を醸成していこうぜ!と言うための理由」を探す性質があるのではないかというのが私の仮説です。

    何もこれが悪いことだとは思いません。
    むしろ、賑やかに楽しいことをやっておまけに景気も良くなる、というイベントの類は私も好きな性分です。
    お賽銭で神社が潤うのも良いことだと個人的には考えています。

    ただ、「国」という枠組みに囚われ過ぎてしまいたくはないなぁ、というのもあるんですよね。
    いわゆる「日本人のお正月」というか、雑煮を食べてお年玉をあげて初詣に行って・・・みたいな過ごし方だけではない文化が存在するという認識とそれを許容するキャパシティ、年によっては異国文化に則った過ごし方を家族で実行してみる行動力・・・といったものもあって良いのかなと思う次第です。

    「世界が狭く」なった、あるいはなっていくがゆえに、自文化のアイデンティティの確立と、異文化との融和の両立が今後も引き続き重要課題であり続けるのだろうなぁと考えた2016年1月1日。

    長々と書きましたが、要は、「自分の所属の空気に惑わされず、自分が心底、好きなものを好きと言う。選ぶ。作る。支援する」生き方をしていこうというお話でした。
    スポンサーサイト

    tag : 正月 文化 イベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015年02月08日

    これからの時代の勝者は、「感情ビジネス」の覇者

    人間、衣食住が揃っていればとりあえず生存することは可能なわけです。

    そして、衣と住は使用しても無くなるわけではないので、基本的には食さえ確保できれば生きていける。

    生活していくためのことを俗に「食べていくため」と表現するという事実が、「生活のリソースの中で特に重要なのが食である」説が支持されるという証左でしょう。

    そう、極論すれば基本的に米作ってサカナ獲って上手に分け合って食べていれば人間の社会というのは成立するわけですね。
    後は暇つぶしです。極論ね。

    ただ、衣食住で肉体的に充足したとしても、それに慣れて来たり、あるいは周りを見てもそれが普通、もしくは自分よりたくさん満たされている人間が居る、という状態になってしまうと、次に出て来るのが安全欲求、親和欲求、承認欲求という精神的な充足への欲求。

    そこで必要になるのが「人に精神的な充足を提供する」というお仕事です。

    王道はキャバクラ等の風俗産業ですね。
    直接的に異性に気分を盛り上げてもらったり、心を充足してもらったりできるわけです。

    が、これは受益者がメタ視点で「カネ払ってサービスしてもらってもなぁ…。」と思ってしまうと充足できない、という欠点があり、大脳新皮質の発達した人類にとっては「そこには目を瞑る、見て見ぬフリをする、気にしない」と強固に思い込まなければ機能しないものでもあります。

    特に、風俗産業に対して社会一般でそのような評価を固定化されてしまうと、社会の構成員である個々人がそういう自意識から逃れるのは困難であり、風俗産業等から精神的充足を得ることのできない人が発生しやすくなってしまいます。


    が、これは裏を返せば、社会一般でカネを払ってサービスを享受することが望ましくないとされないような分野であればそのような自意識は発生しにくいということです。

    そのような分野であれば、風俗産業で精神的な充足を得ることに違和感を感じる人でも満たされることが可能です。

    例えば、カウンセリング。
    あるいは、起業セミナー。

    自分にはチカラがある!
    新しいことをやれるチカラがある!
    わくわくする何かを!

    ・・・というわけですね。


    少し話が変わりますが、人が人に何かを伝えるとき、その内容は概ね2つに分けることができます。

    ・抽象的な概念論
    ・具体的な方法論

    このいずれかです。

    公的な性格を帯びた学校教育の場(校長先生の講話等)などでは前者が多く、
    資格試験予備校や職業訓練校などでは後者が多いでしょう。

    そして前者は未来、希望、可能性といったキーワードを駆使しつつ人の気分を盛り上げる、いわば精神的な充足を提供する役割を担っている面が大きい。
    後者は直接的ないしは間接的に衣食住を快適にしたり効率的にしたりといったことに作用することが多い。

    時代が進み、後者の仕事で快進撃を出すことが難しい昨今、前者で快挙をあげることが目指されることが増えたように思います。

    もちろん、ニーズが多いからそうなるという面もあるだろうけれど、むしろ自分自身でそう感じることが多いからこそ、前者の仕事に傾倒する人に注意が向くという面もあるでしょう。

    しかし、「人の気分を盛り上げるというお仕事」と、メタ認知というか俯瞰した視点で前者の仕事を見るようになると、もはや金銭支払が介在する手段で自分の気分を盛り上げることができなくなってしまう。

    これは、そういう「心の充足」のために不用意におカネを使わなくなる、サイフの紐が固くなるということで望ましいと言えば望ましいのだけど、そういうメタ認知ができたからと言って、金銭支払が介在しない「心の充足」の手段を確保できるとは限らないところにつらさがある。

    おカネを払って心の充足を得るのは寂しいことだ、と一般的には言われるけれども、おカネを払うというのはすなわち人のために手間や暇や労力を提供するということとも言える。

    それで喜んでもらえるなら素晴らしいことじゃないか。

    そこまで俯瞰し切った上で、敢えてそのビジネスに乗って、自分の気分を盛り上げることができるなら、それはそれで悪くない選択でしょう。

    もちろん、のめりこみすぎないように自制を効かせながら、という条件は付きますが。。

    真に世渡り上手な人というのは、その辺りも含めて上手にコントロールしているものなのだと思います。


    「人の気分を盛り上げる仕事」・・・一言で言えば「感情ビジネス」。

    世渡り上手な人、いわゆる成功者と言われる人たちは、この「感情ビジネス」という軸で見た場合、おカネを払ってもいるだろうけれど、それより遥かに多くのおカネをもらう形に持ち込んでいることが多い。

    感情に支配されず理性的に、短期的でなく長期的に、世界を洞察することを目指しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年12月13日

    「他人が自分をどう思っているか」の決まり方

    それは、「自分と相手が逆の立場になったときに、自分が相手に対して思うこと」を、いま相手が自分に対して思っていることであると想像して決めている、というのが答えになります。

    わかりにくいと思いますので事例形式で説明させていただきましょう。

    あるところにホームレスがいたとします。
    そのホームレスを見たA君とB君。
    A君は「うわ〜、ああはなりたくないなぁ。」と考えました。
    B君は「うわ〜、自由気ままでいいなぁ。」と考えました。

    そして、仮にその後A君もB君もホームレスになったとしたら?
    A君とB君は、自分を見つめる通行人の視線をそれぞれどのように感じるでしょう。

    同じ感じ方をするでしょうか?

    …そう、ここまで書けば自明ですね。

    A君が通行人の視線に悩み苦しむ一方、B君はうらやましいだろと言わんばかりのドヤ顔…というのは言い過ぎですが、まぁ大して気にもしないことでしょう。

    つまり、どのような境遇の人を見ても、勝手に哀れんだり蔑んだりしないほうが良いということです。
    そういう人のほうが、自分の未来がどう転ぼうとも自尊心を持って逞しく生きていくことができるからです。
    多様性を認め、変化に適応できるからと言ってもいい。

    B君のような心根を持ちたいですね、という話です。
    綺麗ごとではなく、それが結局のところは自分にとってプラスになるから、ということなのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年12月12日

    モテる女性はもらうのではなく与えるという話

    世の中、女性に気に入られるためには男性は色々なものをあげる姿勢を見せねばならないとされていますよね。

    食事をおごる(or多めに払う)のはもちろん、心に響くプレゼントを贈り、胸を打つ言葉をささやき、気持ちをゆさぶる態度で臨めというわけです、世の中の恋愛マニュアルは。

    でも、恋愛マニュアルというのは世の中全体で女性が有利になるように女性が情報操作をするためのツールであるということが往々にしてあります。

    それが男性の頭に刷り込まれているのをいいことに、常に「この人は私に何をしてくれるのかな?」と、どうやって与えてもらえおうかということばかり考えているクレクレちゃん女性が大多数だったりします。

    しかし、モテる女性は違います。

    「自分は相手に何を与えられるのか?」
    「付き合うことでどんなシナジー効果が生まれるのか?」
    を冷静に考え、それを相手の男性に明確に提示できます。

    先にそれらを提示した上で、自分が相手から何を得ることができるのかをその後に考えるのです。

    クレクレちゃんだったかな…という心当たりのある女性のかたは、意識して実行してみてください。
    まわりの女性や若い頃の自分と比べて、いつのまにかモテ方が違っていることに気がつくはずです。

    ではでは。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年12月11日

    モテる女性は振るのがうまいという話

    モテる女性にとって、身近な人間が自分に好意を告白してくるなんてことは日常茶飯事であって、それに対していちいち自分の心や相手との関係性に波風を立てていてはとてもじゃないが身が持ちません。

    つまり、モテる女性というのは振るのがうまい。
    言い換えれば、振るのが下手な女性はモテないわけです。

    自分が好きになった男性に好かれさえすればいいと考えて、自分を好きになった男性をないがしろにしてしまう女性は注意したほうがいいです。

    相手がどれだけしつこくアプローチして来ても、何度でも粘り強く丁寧に断り続けることが大切です。

    振るのが上手い女性は、好意を告白してきた男性の自尊心を損ねることなく、円満に収束させることができます。
    振ったその後も、その男性と友達でいられるタイプです。言い換えれば、交渉力、折衝力が高いわけです。

    振るのが下手な女性は、まず相手の男性に告白させまいと行動してしまいます。
    告白というのは、結果はどうあれきっちり伝えることができさえすればわりとスッキリしてしまうものなのに、気まずくなりたくないから、という理由で全く聴く姿勢を持たず避けてしまう。その後も逃げ回る。

    そうすると、男性の気持ちはどうなります?
    言いたくて言いたくて仕方が無いのに女性が距離を置こうとするからフラストレーションがたまりまくって、余計にその女性を追いかけ回してしまうわけです。
    それを女性が辛辣な態度で切り返すから、関係がぎくしゃくしてしまう。

    そのことが周囲に知れたら、「あの子に手を出して振られたらこっぴどい目にあうらしい」というイメージがつき、周囲の男性はおいそれと手を出せなくなる。

    その結果、アプローチが激減する。
    すなわちモテなくなる。

    女性の皆さんは気をつけましょう。

    ※上記の話は別に「モテる女性」じゃなくて「モテる男性」でも当てはまるじゃないか、というご意見はごもっともかと思いますが、女性→男性への告白は、時代が進んだとは言えまだまだ少数派かと思いますので、多数派と思われるパターンで書いております。
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    プロフィール

    kdr0408

    Author:kdr0408
    いらっしゃいませ。
    当サイトはリンクフリーです。
    コメント、トラックバック大歓迎☆
    ご意見お待ちしています。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Google Adsense
    ブログランキング

    社会科学 ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
    にほんブログ村
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。