• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年01月05日

    救急病院への患者配分最適化問題

    昨日、食当たりを起こしたためか、下痢と吐き気がしてフラフラしたため、やむなく近所の病院へ行きました。

    結果としては、診察してもらい、点滴を打ってもらい、薬を出してもらって終わりだったのですが、夜9時に行って夜12時という、のべ3時間という長丁場。

    別にそんなに混んでいたわけではなく(というか病院内で待機中の患者は数名)、私の診察受付が終わってから救急患者が3名運ばれてきた(そのうち3人目は他の病院へ回送?)からなのです。

    これだけ情報技術の進んだ社会で、救急車が行き当たりばったりに病院へ連れて行って、受け入れキャパシティが足りていないから他病院へ搬送…って、どんな旧時代??

    また、「救急患者が入って来たから」という理由で先に受付を済ませた患者を放ったらかしにして医師・看護師総出でそちらへかかりきり、という体制もどうなんでしょう??

    もちろん、救急搬送されて来たかたには迅速で手厚い医療が必要なことはわかります。
    が、だからと言って、他の、それも先に病院へ自力でやって来た患者をないがしろにして良いものでしょうか??

    あたかも、子供同士のサッカーの試合で、試合全体を俯瞰しないままサッカーボールを全力で追いかける子供ばかり、というような体たらくの動きでした。
    あれが医療のエキスパートたちの実態かと思うと非常に残念な気持ちになります。
    とても組織的・計画的な体制構築や人員配分ができているとはお見受けできない状況でした。
    医療従事者の絶対数が足りていないという話は耳にしていますが、であれば尚更、仕組みでカバーしなければならないところのはず。それが全くできていない。私の近所だけの局所的な事象だと信じたいところですが、果たして本当にそうなのか・・・。

    普段、めったに病院へ行くことのない私ですが、
    今回珍しく病院を利用して、確立が急務であると感じた項目は以下の通りです。

    ・近隣の病院同士での受け入れキャパシティを相互把握する体制
    ・各病院の受け入れキャパシティを、各救急車が把握する体制
    ・各病院における救急患者搬入時の人員配分決定体制

    検索してみると、それなりに研究されている分野であるようには見受けるのですが、
    実際の運用となると、少なくとも私の住んでいるような地方の中堅都市ではまだまだ機能していないようで、
    大きな不安を感じた次第です。

    今後、高齢化が進むにつれて医療リソースの有効活用というのは今まで以上に重要になって来るかと思いますので、
    未来に向けて、改善されていくことを期待したいですね。

    なお、病院から帰り、もらった薬を飲んで一眠りするとかなり体が楽になっていました。
    その点に関しては感謝しきりです。
    診察してくださったお医者さま、処方してくださったスタッフ様、ありがとうございました。
    スポンサーサイト

    tag : 医療 資源配分 最適化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015年02月12日

    有料のポジショントーク情報にご注意を

    世の中、受け手にとって本当に有益な情報を見極めるのは難しい。

    「受け手にとって」と書いたのは、”有益な情報を教えます”と明示的又は黙示的に示しておきながら、実は受け手の損失と引き換えに話し手にとって有益な情報、あるいは話し手を利するように誘導するような情報が氾濫しているからだ。

    例えば「デートで奢らない男は出世しない」などとろくに実例も出さずに唐突に書き始める女性恋愛コラムニストが居る。

    「そうなのか!じゃあデートでは女性に奢らないと!」

    素直にそうアタマにインプットしてしまう男性諸氏がいるとすればおめでたいとしか言いようがない。

    たとえそこまで素直に鵜呑みにしなくとも、「あぁ。。やっぱりデートでは奢らないと相手には内心こう思われてしまうのか。それはいやだなー。」という感じで参考にしてしまう人も多いのではないだろうか。

    だが冷静に考えて欲しいのだが、この女性恋愛コラムニストはただ単に「奢れよ!」と直球で書いたら反感を買う自分の要望を、言い方を変えて書いているだけだ。

    これがいわゆるポジショントークというものだ。

    「男のサイフをアテにする女は結婚できない」などというコラムがあったとしたら、それは逆に上記のようなポジショントークに対抗策を弄する男性恋愛コラムニストが書いたものかもしれない。

    いずれにせよ、食事したときの会計の仕方など各人各様であり、場面や関係性で変わって来るものを薄弱な根拠で一般化など出来るはずもない。

    だが、人間というのは状況を理解するために往々にして簡略化、一般化された形での情報の享受を求める。
    彼ら、彼女らはそう言った受け手のニーズに応えているだけとも言える。

    受け手としては情報リテラシーを高めるべきだし、話し手としてはいくら受け手の情報リテラシーが欠如していたとしてもそこにつけ込んで自分に都合の良いように洗脳するようなことは避けたいものだ。


    また、無料の情報であれば冷静に真贋を判断できる人でも、有料で入手した情報については疑えなくなってしまったりすることがあるから注意が必要だ。

    つまり情報を入手するにあたって要した費用を取り戻せない(「サンクコスト」となった)ような場合、しかもその費用が多額な場合は特に危険だ。

    「多額の費用を払ったものに価値が無い」というのは通常認めたくはないものである。

    だが、「価格が高いから価値がある」と思い込んでしまうのはよくある錯覚で、価格が高いのはあくまでも「その価格でも買ってくれる客が居るから」であり、必ずしも価値が高いから価格が高いわけではない。

    そういった人間の認知バイアスを踏まえ、敢えて有料でポジショントーク的な情報を販売してくる商売には警戒しよう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014年09月15日

    なぜ企業は新卒一括採用を辞められないのかという話

    大企業を初めとした日本の就職活動の特殊性として、新卒一括採用方式というものがあります。

    「大学もしくは大学院を卒業して即入社する者しかそもそも選考の対象としません」というわけですね。

    しかし、誰が作ったかもわからないようなルールの妥当性に疑いを持たず、敷かれたレールに乗って卒業後に即入社して来る新卒生と、卒業後に独力で1年間世界を旅して来る既卒生とがいたら、会社により大きく貢献してくれる人材は果たしてどちらでしょうか?
    語学力、コミュニケーション能力、世界の生の情報を持っている、そして何より人と違う道を自ら選択して進むというメンタリティ。
    業種にもよるのでしょうが、これらが重要となる会社においては
    わりと高い確率で後者のほうが有用な人材ではないかと考えますね、私なら。
    (もちろん、これだけでは断言はできませんけれども。)
    それを、画一的なルールで初めから排除してしまうという愚行をなぜやめられないのでしょうか?

    採用計画を企画・立案する人事部の責任者は、本当に有用な人材を登用するための戦略をしっかり自分のアタマで考えているんでしょうか?
    毎年の慣例だから新卒採用しています、とかいう思考停止な回答しかできないようだと、真面目に仕事していないのと一緒だという誹りを免れないでしょう。
    先進的な企業だと既卒者も採用候補にしていることもあるようですが、それでも卒業後3年以内とかに限定していますね。


    なんでこんなことになっているのか・・・それは、「極端に年上の後輩」、「極端に年下の先輩」とのコミュニケーションの際の敬語をどうするか問題で悩みたくないということでしょうか。

    企業では先に入社した人に対しては敬語、同期以降に入社したに対してはタメ語、ということでなんとなく通っているところがわりとあるのではと思われます。

    この場合、年齢的に±2くらいであれば多少逆転してもあまり違和感は無いでしょうが、例えば40歳の課長が統括する部署へ45歳の新入社員が入って来たら、入社2年目の23歳はどうやってその人と会話すればいいんだ、みたいな。

    敬語を使う・使われるの基準は
    ・入社年度
    ・役職
    ・年齢
    といったところでしょうが、この辺をだいたい一緒にしておかないと、年長者を敬うという儒教教育がアタマに根付いた日本人にはなんだか居心地が悪くなってしまうのでしょう。

    まさに日本的経営の要。
    というわけで「新卒採用はやめられない止まらない」という状況になってしまっているわけかと。
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    プロフィール

    kdr0408

    Author:kdr0408
    いらっしゃいませ。
    当サイトはリンクフリーです。
    コメント、トラックバック大歓迎☆
    ご意見お待ちしています。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Google Adsense
    ブログランキング

    社会科学 ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
    にほんブログ村
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。